お父さんお母さんへfor parents

お父さんお母さんへ

小室歯科久宝寺診療所に併設の

キッズデンタルパークは、

「0歳から親子ではじめるムシ歯予防習慣づくり」

に取り組んでいます。

ムシ歯は遺伝ですか?
よく質問を受けますが、遺伝ではありません。感染症であり、生活習慣病なのです。
一生健康な「歯+口腔」でいるためには、できるだけ早い時期に予防習慣をつくることが大事。
まず、保護者のみなさまが正しい知識を身につけ、家族みんなで予防に取り組みましょう。

母子感染2233

ムシ歯は、ムシ歯菌によって引き起こされる感染症、つまり病気です。
生まれたての赤ちゃんにはムシ歯菌はいません。
そのまま一生感染しなければムシ歯にはならないのです。
しかしムシ歯はかぜのウイルスのように、だ液によって人から人へと簡単にうつります。
そして、いったんお口にすみつくとほとんどなくすことはできません。
そのほとんどはお母さんからもらっているのです。

母親のミュータンス菌量と子どもの感染率

このグラフは、お母さんのお口の中のバイ菌の数とその子どもたちのムシ歯になる割合を示しています。
お母さんのお口にバイ菌が多いと子どももムシ歯になる可能性が高くなるのが分かります。

小室歯科久宝寺診療所|お母さんのお口の健康が大切です

家族が子どもにミュータンス菌を移さない方法として、これまで色々な方法がすすめられてきました。
同じ箸やスプーンを使わない、ふーふーして冷ましたものを与えない、子どものお口にチューをしない、などです。
そうしたことを徹底すれば確かにムシ歯菌はうつりにくくなります。
でも、ついやってしまいそうなことばかり。
あれもダメ、これもダメでは育児がつまらなくなってしまいますよね?

当院では、まずお母さんのお口の健康状態について検査し、ムシ歯予防を始めることから始めます。

定期健診の効果

このグラフは、歯科医院で治療やお口の清掃をしている母親としなかった母親で子どものムシ歯のでき方の違いをあらわしたものです。
お母さんのお口をきれいにすると子どももムシ歯ができにくくなりますね。

お母さんの検査とムシ歯予防のアドバイスをしてもらいましょう!

小室歯科久宝寺診療所|感染の窓

 
感染の窓とは、もっとも母子感染しやすいとくに危険な時期のことで、乳歯の奥歯が生えてくる1歳半から3歳くらいの間のことを言います。

ムシ歯の原因菌であるミュータンス菌が感染する時期が遅ければ遅いほどお子さまのムシ歯予防につながります。

感染の窓2



マイナス1歳からのむし歯予防

お子さまが一生健康な口腔でいるためには、出来るだけ早い時期に予防習慣を身につけることが大切です。
それは、赤ちゃんがお腹の中にいる時からがスタートです!

しっかりと口腔ケアを行い、正しい知識を身につけ、産まれてくる子どもの口腔を育てましょう!

託児

お母さんに安心して診察を受けていただくため、専門のスタッフにより、お子様をお預かりしております。

小室歯科|治療の流れ

キッズデンタルパーク専用 072-973-9000 通常ダイヤル 072-994-5661